スタッフブログ

ブログBLOG

目線よりも下の植栽がポイント!

本日も暖かい一日でした。

雨なので現場OFFにして、スタッフには休養していただく(^^)

外仕事は体力使いますからね~。

みんなには集中してやる時にはやり、

やりがい持って長く働いていただけるよう、

当社西田、体力配分には気遣っているつもりです(((^^;)

あとはもっともっと、お金払っていけたらいいなあ~と(* ̄∇ ̄*)

それぞれ大事な人生の一部を、当社に費やしてくれて、

一緒に働いてくれて本当に嬉しく思います!

 

で、本日は何をお話しましょうかね?

庭づくりをご依頼される時にオシャレで上手な業者さんを見つける

ひとつの「ポイント」をお教え致します。

(ここでは外構ではなく、お悩みの多い植栽工事の場合にします。)

 

皆様は何か思いつきますか?

業者さんの提案内容や作業ぶり、HPやモデルガーデンなどを見て、

・デザイン画が上手

・和洋問わず、立派な庭木を持っている

・剪定など手入れが上手

・お庭の事に関して詳しい

・立派な経歴を持っている

・見た目がカッコいい

など、思い浮かぶのはそういったところでしょうか?

仮に上記のような場合、

実はどれも確実な判断基準にはならない事もあります(((^_^;)

 

僕の場合は自身で事業をやりながらも、

毎年、全国各地の業者さんやガーデンスポットを訪れております。

そこでいつも参考の判断材料にしているのは、

庭を見て、まず中高木など大きな部分ではなくて、

低木類や草花や草本などの「下草」類に注目しております。

植栽のスペシャリストは下草の使い方が非常に上手い!

コレができる業者さんは間違いなくオシャレな庭をつくります!

 

単純に、よく出回っている植木を植えるのであれば、

時代問わず、プロ・アマ問わず、誰でも植えている日常です。

しかし、庭仕事に「ガーデニング」の要素が含んでくると、

広範囲でスキルを持っている業者さんは数少なくなります。

なぜなら、植物の種類があまりにも多く、

正しい知識を習得することが容易ではないからです。

色んなお庭を見て、

「ココの植栽感じがイイ!」

と思うのは、目線よりも「下」の部分、

つまり下草系がイケてる事が多いからです。

 

是非、皆様にはお庭づくりをする際に、できるだけ多くの

庭業者の植栽を見ていただきたいと思います(^○^)

ずっと続けていると、

「なぜその植物を植えるのか?」

など、少しずつ理解できるようになってきますから(^^)

オシャレなお庭、そして癒しあるお庭を創っていきましょう!

 

2017.2.17
一覧に戻る
ページトップ