サービス紹介

02お庭の年間管理

庭作業はこんなに大変!?

当社の年間管理サービス

お客さまのご要望に応じて、巡回頻度を最多1〜2ヶ月に1回からお選びできます。

定期的な巡回点検
簡易的な庭木のお手入れ、除草、清掃などのメンテナンス

※悪天候の継続によっては巡回・メンテナンスが遅れる場合もございます。

なぜお庭には年間管理が必要なのか!?

大切なお庭を健康+キレイに維持できているでしょうか?
一般的にお時間が十分にある方や多少の専門知識をお持ちの方でなければ、お庭を常に良好な状態で維持していくのは手間暇がかかるものです。

なぜなら、植物は生き物であるが故に、突然、健康状態に変化が出る事もあり、定期的なチェックとその時に応じた適切な処置が必要になってくるからです。
お忙しい方や植物に精通されていない方が日々の生活の中で、このような細目な作業をするのは難しいのではないでしょうか。

そこでおススメなのが、プロによる安心+お得な年間管理です。

お庭の管理・作業内容

草花・観葉植物の手入れ

  • 花がらを摘むことで、種を作るために注がれていたエネルギーが消費されず、他の蕾の開花促進につながる。
  • 花がらや葉がらを取り除くことで、病害虫防除になる。
  • 間伸びした葉茎の切り戻しを行うことにより、ガッチリした株に育てる。

樹木の剪定

  • 開花や結実をよくするため。
  • 必要のない枝を取り除き、樹形を整える。
  • 風通しを良くすることで、病害虫予防になる。
  • 老化した枝を新しい枝に更新させ、樹木の若返りを促進する。
  • その木が持つ本来の美しい姿を維持するため。

植え替え

  • 新しい質の良い用土に植え替えることにより養分を補い、植物の活性化を促す。
  • ひとまわり以上の大きい鉢や花壇への植え替えで根詰まりを防ぐ。
  • 土中の虫や病気から守る。
  • 植物の開花や結実促進にもつながる。

土壌改良

山地にある植物や樹木は、自然の恵みに富んだ土壌であるのに対し、一般の住宅地は人工的に土を持ちこんだ土壌(庭)であるため、人間による定期的な管理が必要になります。

  • 保水性、排水性、保肥性の向上。
  • 植物や樹木の成長の助けとなる微生物の活性化。

施肥

野原や山地で育っている植物や樹木は、落葉や昆虫の死骸が分解されたものを養分として補給できますが、家庭の庭では土壌がやせがちである上、園芸種の植物が多く、多量の養分を必要とします。

  • 園芸植物の多くは品種改良種なので、人工的に養分を補うことが必要。
  • 植物や樹木の成長の助けとなる微生物の活性化。
  • 植物の開花や結実促進にもつながる。
  • 葉っぱが黄色くなるなど変色するのを防ぐ。
  • 茎や根を丈夫にするため。

年間管理作業例

※専門業者に依頼することで、各々の植物や庭木の性質を活かしつつ、お客様のご要望に応じた作業が可能になります。

Next/管理の流れ・年間スケジュール管理

ページトップ