スタッフブログ

ブログBLOG

剪定は自然形かバッサリか?

大分市、本日も暑い一日でした。

剪定や草花手入れなどで管理先まわり。

既に退治はしていたものの、

いくらか害虫の毛が残っていて、

体がチクチク+痒いです ( ̄▽ ̄;)

お客様がなるべくそうならないよう、

今後はもっと注意して対策を立てていきます!

 

ところで、剪定しているとよくある事。

樹形良く育っているけれども、

お隣様に枝が入って迷惑になるかも?パターン。

こんな時は仕方がないので、

まずは侵入している枝葉をバッサリ切り、

その後に樹高も含めバランスを整えます。

コンパクトにする事もよくあります。

部分的に花芽は残すようにして。

 

剪定は自然形かバッサリか?

多くの方はバッサリを希望されますが、

当社的にはなるべく自然形、

せめてその中間くらいの方法を奨めております。

理由として、庭木は強く切ると

せっかくの本来の形を失う上に、

切れば切る程暴れるし、弱りやすいからです。

(樹種や剪定方法、剪定時期にもよりますが^^;)

 

お客様自身のお庭。

必要に応じてご提案はいたしますが、

それでも基本、当社はお客様のご要望に応じて、

ご満足いただけるよう、ご対応いたしております。

人それぞれでお好みが違いますからね~(((^^;)

昔ながらの頑固気質な職人ではありませんので、

今後ともどうぞお気軽にご相談ください(笑)

2020.7.29
一覧に戻る
ページトップ