スタッフブログ

ブログBLOG

庭仕事における目線の違い

早いもので2月になりました。

ガーデニングシーズンももうすぐです(^^)

本日も管理業。花の手入れ+木の手入れ。

冬の時期に手入れしておくと春以降の状態が良くなるので、

…年が変わっても、良いのか悪いのか?

やる事が多く大忙しです(;゜∀゜)

管理先それぞれで植栽内容が異なるので、

メンテナンスのやり方が変わってきます。

それに加えて、お客様のご要望も人それぞれですので、

お客様にとって一番ご満足いただける作業内容を考える必要があります。

実際、プロ目線とお客様目線は時にズレル事もあります。

業者側が良かれと思い、どんなにプロらしい事を一生懸命やっても、

お客様はもっと単純な別の作業を望んでいるという事もあります。

(例えば、花・木の手入れに力を入れていたとしたら、

実はお客様がより望んでいたものは草取りや掃除だったとか。)

 

「花や木の事はお任せしているので、どうがいいのか分かりません。」

 

確かに、上記の例で言えば、

一般の方にとって、玄関先の雑草とか落葉の方が

単純に気になったりするかもしれませんね。

こちらは職人なので、つい専門的に頑張ってしまうのですが、

これまでの経験で日頃のコミュニケーションが大事だと

何度も学んだ約9年間でもあります(((^^;)

 

いずれにしても、庭仕事は創造力豊かでないと務まらない職業。

施工も管理も本当に頭を使う。

当社西田も良い経験だと思い、そしてお客様にもっと喜んで戴けるよう、

日々、努力致しておりますm(__)m

 

2017.2.1
一覧に戻る
ページトップ