スタッフブログ

ブログBLOG

庭仕事も英語と同じ

本日もスッキリしない一日。

当社西田、午前は所用。

午後はデスクワーク。

僕にとっては大事な

内仕事がよく進みます (^o^;)

そしてこうなると運動不足に

なりがち。

あまり現場に行っていない分

食を控えております (((^^;)

 

話は全然変わるのですが…

たまたま大分のラジオを聴いてたら

 

「どうしたら英語の長文が

読めるようになるのか?」

 

という話題で、

講師の方はズバリ「単語」だと。

文法の前にまず単語が分からなければ

文は読解できないし

ましてや会話も成り立たない。

そして、辞書を活用し過ぎても

成績が伸びるとは限らないと。

…そんな感じのトークでした。

スゴい説得力の講師の方!

なるほど、僕も全く同感。

大変、興味深かったです (^^)

 

ふと若い頃を思い出しました。

海外に滞在していた頃、

それなりに日本人の知人も

周りにたくさんいたのですが、

外国人と一緒にいれば、

大して机に向かって勉強しなくても

自然と英語ができるようになる

みたいな方が結構おられました。

 

んな訳ないですよ (^o^;)

僕が知っている限りは英語が

出来る方はみんな、単語や文法の

基礎があるから出来るのであります。

そんな日本人の方ともいくらか

ご縁がありましたので間違いない

 

ただ、どのようにして学ぶかが大事。

話す、聴く、読む、書くは、

それぞれ別分野であるというか、

習得方法にも違いがある気がします。

それぞれの分野でスキルが

だんだん向上してくると

自然とそれぞれが連動してくる感じ。

僕も英語力を取り戻すために

少しずつでも勉強していこう(^^;

 

単純に一生懸命、勉強して知識量を

増やすというよりも、

効率の良い学び方が大事なのは

ガーデニングにおいても同じです。

英単語と同じく、植物数も

全て完璧に内容を習得しようと

すればキリがない。( ̄▽ ̄;)

 

僕らの業界でも働く年数が長ければ、

あるいは学校に通って勉強すれば

良いというものでもないのも事実。

 

本当の経験とは時間×密度。

 

「限りある時間の中で、何を

どのようにして学んでいくか?」

 

そしてその培った経験をもとに、

知識+技術を活かした現場力が

僕らの庭仕事では最も大事です。

 

スタッフのみなさん、

自身のペースで大丈夫です。

お客様のご要望に応じた

ピンポイントでの現場力を高め、

もっとお役に立てるよう

一緒に頑張っていきましょう!

 

みんなの力があってこその

じばいるが~でんですから (^^)

 

2018.3.20
一覧に戻る
ページトップ