スタッフブログ

ブログBLOG

オリーブの名地へ

本日も各地で猛暑日のようでしたね (>_<)

当社西田、小豆島へ渡る。

初めて来たけど、予想以上の

立派なオリーブばかりでビックリ(@_@;)

そして、自身の知識を整理+勉強するのにも最適な場所。

語学と同じで、やはり現地で直接学ぶのに限る (((^_^;)

 

しかしながら、オリーブを維持していくのに

ココでも強敵なのは「オリーブアナアキゾウムシ」

コイツが穿孔すると、早ければ1ヶ月で枯れるという。

また、頭がイイ事に、開けた穴を糞で塞ぐので、

発見がしにくい。

実際、僕らも管理先にて苦労しております (*ToT)

日々、観察できれば良いのですが、

お客様のお庭となるとなかなかそうもいきませんしね (((^^;)

 

そこで、当社ではオリーブを植樹する場合、

まずは性質の強いモノを選ぶように心掛けております。

例えば、挿し木でなく接ぎ木のタイプなど。

また、根の張り具合や葉色の状態、芽吹きの勢いなど、

過去に失敗を繰り返して、目利き力を養ってきました。

けど、小豆島の挿し木苗は親木が良いのか、

多くの苗木が質がイイ。

 

せっかくなら、小豆島のオリーブが

お庭に1本は欲しくなりますね~ ( * ̄∇ ̄*)

 

2017.8.24
一覧に戻る
ページトップ